[ロゴ] 株式会社エフ・コード

[イメージ]

ENGINEER

Scale with Scala

Scalaをベースとする技術基盤により、
プロダクト・技術両面の非連続成長を目指していきます。
移行プロジェクトが既に進行中です。

[イメージ]
[イメージ]

MEMBERS & ADVISORS

中村 学@gakuzzzzチーフアーキテクト

学士課程でプロジェクトマネジメントを専攻。在学中に高校時代の先輩が立ち上げたベンチャーに参画、同社の開発部部長を務め、自社サービスの構築・運用と平行し、多くのWebシステム開発運用に携わる。その後フリーランスとして様々なシステムインテグレーションプロジェクトにアーキテクトとして参画。システム開発のコンサルティングおよび技術教育等の支援実績多数。
株式会社エフ・コードではチーフアーキテクトとして、新商品「CODE Marketing Cloud」の開発を軸に開発組織のリードに従事。

松坂 高嗣@ma2saka執行役員CTO

独立系システムインテグレータから楽天株式会社へ入社。国際開発室にて台湾、インドネシア、中国向けの開発に関わる。その後、株式会社リブセンスにて不動産サイトの開発、インフラ部門の立ち上げの他、技術・開発部門の責任者としてボードに参画し社員採用やマネジメントにも関わる。2017年に株式会社エフ・コードに参画、執行役員に就任。

水島 宏太@kmizu技術顧問

日本Scalaユーザーズグループの立ち上げや勉強会開催など、初期の日本Scalaコミュニティの立ち上げや教育に関わる。また、業務で、新人研修用Scalaテキスト執筆や、それを使ったScalaによる新人研修に携わる。Japan Scala Association代表理事。株式会社エフ・コードでは技術顧問として、エンジニアに対する技術教育に従事。

麻植 泰輔@OE_uia商品開発部顧問

ScalaMatsuri座長として、準備委員会の組織設計、プロセス改善、講演者やスポンサー誘致などに尽力。Scala教育及びScalaを使った製品開発を中心に業務で担ってきた。世界最大のScalaカンファレンスScalaDays 2017講演者。
株式会社エフ・コードでは商品開発部顧問として、開発組織の組織設計・プロセス改善を支援。

現ラインで採用している開発技術

Language

  • [ロゴ]
  • [ロゴ]
  • [ロゴ]

Framework Platform

  • [ロゴ]
  • [ロゴ]
  • [ロゴ]

Infrastructure

  • [ロゴ]
  • [ロゴ]
  • [ロゴ]

Communication Workflow

  • [ロゴ]
  • [ロゴ]
  • [ロゴ]

ENVIRONMENTS

エンジニアの問題解決力が
会社の競争力に直結する、広い裁量権

技術を手段として意識しつつ、決して軽視しない

・プロダクトのディレクションやアーキテクチャ設計など、個々のエンジニアに幅広い裁量権があります。存分に発揮していただいた能力が正当に評価される環境です。
・新規プロジェクトでは1つ新規技術にチャレンジするなど、新技術への取り組みを正義とする風土があります。

パフォーマンス最大化のために必要な環境を用意

・OS(Windows, Mac , etc.)やIDE(IntelliJ, etc.)など開発環境の選択が自由です。もちろんそのための費用は会社側で負担します。
・RealForceなどのキーボードやErgo Humanなどのオフィスチェアを会社負担で購入することができます。

個人としても、組織としても
貪欲に学習する姿勢

個人の希望に応じた学習機会を用意

・社内勉強会:読書会/ハンズオン/LTなど目的により様々な形式で業務時間内に週次開催。
・書籍、社外勉強会、カンファレンス参加費用の補助制度。
・社外勉強会の開催補助制度。
・英語学習補助:オンライン英語学習サービス「BizMates」の利用支援。

組織の成熟に投資する

・複数の経験豊かな技術顧問が在籍。プロダクトのアーキテクチャ設計からチーム作りの局面まで、困ったときに気軽に相談できる環境があります。
・2017年開催のScalaMatsuri、Scala関西へのスポンサードなど、技術コミュニティを支援しています。学習機会への参加の奨励のみならず、その機会自体を作り維持する活動を積極的にバックアップします。

技術の複雑さを楽しめる、
シンプルで強靭な組織

トライアンドエラー可能な心理的安全性を担保

・複雑な課題への取り組みに対して心理的安全性を担保し、失敗を恐れずにトライアンドエラーを積み重ねることができる仕組みを組織構造に組み込んでいます。
・月次での1on1以外にもエンジニア間で1on1を実施し、相互の学習課題に対するPDCAを支援しあっています。

小さなバッチサイズで失敗しリカバリーできる

・スクラムをエフ・コード流にカスタマイズして運用。バッチサイズを小さく区切り、失敗原因の見える化とリカバリーが素早くできるようにしています。
・過去の経験やスキルに関係なく、手を挙げた人が主体となってチームを組成し、企画から業務推進まで関わることができます。

情報の入出力を適切に設計し、
チームの成熟度を高める仕組み

送信は厳密に、受信は寛容に

・チームとしての暗黙知を蓄積し、成熟度を高めるためには、TCPの原則と同様、エラーが起きることを前提にしたコミュニケーションの設計が必要と考えています。
・昼会やKPTなどの定例の場のほか、日々のコミュニケーション円滑化のために雑談を奨励しています。

情報共有はPull型で

・セキュリティ、プライバシー等の理由がない限り、全スタッフが全情報を知ることができるべきと考えています。
・一方、情報量がノイズになることを防ぐため、非同期で情報を共有。知りたいときに、知りたいことにすぐにアクセスすることができます。

JOB TITLES