IT導入支援2021に「支援事業者」として採択されました

この度、弊社株式会社エフ・コードはIT導入支援2021に、支援事業者として採択され、提供する次世代型Web接客ツール「CODE Marketing Cloud(以下「CODE」)」が、IT事業補助ツールとして登録されました。
これにより、対象となる企業様が「CODE MarketingCloud」を導入される場合、最大で導入費用の半額が補助金として支給される可能性があります。

自社に合うITツールをご検討中の企業様、この機会にぜひ導入に前向きに取り組んでみてはいかがでしょうか?CODEについて詳しくはエフ・コードへお問い合わせ下さい。

■「IT導入支援事業2021」とは 
公式サイト:https://www.it-hojo.jp/

IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等を対象に、自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助し、業務効率化・売上アップをサポートするものです。
自社の置かれた環境から強み・弱みを認識、分析し、把握した経営課題や需要に合ったITツールを導入することで、業務効率化・売上アップといった経営力の向上・強化を図っていただくことを目的としています。

◇「IT導入支援事業」の対象となる中小企業・小規模事業者
飲食、宿泊、卸・小売、運輸、医療、介護、保育等のサービス業の他、製造業や建設業等も対象小規模事業者(※詳細はサイトを確認ください)

◇スケジュール
第1次申請締切
2021年5月14日(金)17:00(予定)まで
※対象者、補助金額、スケジュール等の詳細は公式サイト(https://www.it-hojo.jp/)をご確認ください。
※第2次申請以降のスケジュールについては、公式サイト(www.it-hojo.jp/schedule/)にてご確認ください。

■「CODE Marketing Cloud(「CODE」)」とは
プロダクトサイト:https://codemarketing.cloud/

「CODE」とは、500社以上でCVRを平均134%に改善した実績と知見に基づく次世代型Web接客ツールです。エフ・コードは、2016年よりWeb接客ツール「f-tra(エフトラ) CTA」等SaaSの提供を行い、これまでのべ500社以上のWebサイトのCVR改善に寄与してきました。この実績と成果で証明されたCVR改善ノウハウに基づき、機能拡張を前提としたツール開発を行っています。
「CODE」を導入した企業のWebサイトでは、Webサイト来訪者の訪問回数・訪問ページ等の行動履歴や、Google Analytics等の連携した外部データソースの情報をもとにユーザー個々への接客を最適化することが可能になり、CVR向上やROI向上などが見込めます。
また、エフ・コードは「CODE」を伴走型ツールと位置づけ、ツールの運用支援コンサルティングを行うことでマーケターの工数削減・効果的な改善示唆の提供においても価値を提供しています。