【ご報告】Cross border EC Innovation Tour 2017に当社島田が登壇しました。

11月28日(火)から12月2日(土)までの期間[Cross border EC INNOVATION Tour 2017]と題して、タイEC関係者の訪日イベントが開催されました。

11月30日(木)には、タイ・日本両国企業によるプレゼンテーションが行われ、「Web接客の必要性」について、当社海外担当執行役員の島田が登壇しました。

エフ・コードの提供するWebツール「f-tra CTA」は、国内にとどまらず世界各国のWebサイトにてご導入頂いております。ご導入をご検討の企業様はお気軽にお問い合わせ下さいませ。

【株式会社エフ・コードについて】
所在地:東京都千代田区五番町6-2 ホーマットホライゾンビル5F
代表者:代表取締役社長 工藤 勉
設立:2006年3月
事業内容:1.SaaS事業 2.Webコンサルティング事業
URL:http://f-code.co.jp/

【エフ・コード事業内容の詳細】
2006年3月設立、SaaS事業とWebコンサルティング事業を展開。創業時より展開するWebコンサルティング事業では、広告・コンテンツマーケティング・コンバージョン改善を中心に各業界大手企業のWebサイトの成果改善に寄与しています。SaaS事業ではWebコンサルティングの知見に基づいたマーケティングソフトウェア「f-tra(エフトラ)」を日本・タイ・香港・インドネシアの4拠点で提供。2016年より「マーケティングテクノロジーで世界を豊かに」を経営理念に、プロダクト開発とアジア展開への投資を強化。アジアから世界をリードするマーケティングテクノロジーカンパニーを目指しています。

<本リリース・サービスに関するお問い合わせ>
株式会社 エフ・コード 広報担当 03-6272-8993  press@f-code.co.jp

【メディア掲載】2017年11月30日にWeb担フォーラムに「f-tra(エフトラ)CTA」の導入事例について掲載されました。

2017年11月30日マイナビニュースにて、マクロミル様にWeb 接客ツール「f-tra CTA」をご導入いただいたこと、そして今後マクロミル様が「f-tra CTA」を活用し取り組む2つの施策についてご掲載頂きました。

▼詳細は以下リンクからご覧下さい。
エフ・コードは、同社が提供するWeb接客ツール「f-tra CTA」を、インターネットリサーチ事業のマクロミルが導入したと11月30日に発表した。…

【ご報告】日本最大級の Scala カンファレンス「ScalaMatsuri 2018」に協賛

株式会社エフ・コードは、2018年3月16日(金)~3月18日(日)に開催される日本最大級の Scala カンファレンス「ScalaMatsuri 2018」にて、「将軍スポンサー」として協賛いたします。

イベントの詳細・お申込みについては、下記をご覧ください。

【「ScalaMatsuri 2018」開催要項】
■場所 : 東京国際交流館 (〒135-8630 東京都江東区青海2-2-1 国際研究交流大学村内)http://www.jasso.go.jp/tiec/
■開催日:2017年2月25日(土)、2017年2月26日(日)
■Webサイト :http://2018.scalamatsuri.org/

【ご報告】日本最大級のJavaコミュニティイベント『JJUG CCC』に、当社エンジニア澁谷の登壇が決定。

2017年11月18日にJavaをテーマにした日本最大級のコミュニティイベント『JJUG CCC 2017 FALL』が開催されます。
当日は、当社エンジニアの澁谷 典明(しぶたに よしあき)が登壇し、「JVM上で動くPython処理系実装のススメ」についてお話します。

ご興味のある方、是非、お申込みください!

«イベントのタイムテーブルやお申込みはこちらから»

『JJUG CCC 2017 FALL』

■日時・場所
2017 年 11 月 18 日(土)10:00~18:30 (開場 9:00)
ベルサール新宿グランド コンファレンスセンター(5F)

■費用
無料

■申込
イベント特設サイトhttp://www.java-users.jp/ccc2017fall/よりお申し込みください。

 

【ご報告】当社CTO中村学のインタビューが、ScalaMatsuri運営ブログに掲載されています。

9月に入社、10月よりエフ・コードCTOに就任した中村学。エフ・コードとの繋がりは、当社も協賛した日本最大級のScalaカンファレンス「ScalaMatsuri 2017」がきっかけでした。そのいきさつも含めた中村のインタビューが、ScalaMatsuri運営ブログに掲載されています。ぜひご覧ください!

私、ScalaMatsuriで就職しました Vol.2 中村学(@gakuzzzz)さん – ScalaMatsuri運営ブログ

なお、「ScalaMatsuri 2018」のサイトは既に公開され、セッション募集も開始されています!

ScalaMatsuri 2018

【セミナー開催】「今さら聞けない」何のためにWeb接客をするの?基本と成功事例ご紹介セミナー

株式会社エフ・コードは、2017年9月21日(木)17:00~18:00に
【今さら聞けない】何のためにWeb接客をするの?基本と成功事例ご紹介セミナー(参加費無料)
を開催いたします。

>>>> 詳細ページ・お申込みはこちら <<<<


【今さら聞けない】何のためにWeb接客をするの?基本と成功事例ご紹介セミナー


■日時
2017年9月21日(木)17:00~18:00
(受付開始 16:50~)

■場所
株式会社エフコード オフィス
Google map:https://goo.gl/maps/b3TsnBTuPpT2

■セミナー内容(予定)
・Web接客とは
– Web接客ツールが登場した背景
– なぜWeb接客ツールが重要なのか
・Web接客、離脱防止ツール「f-tra CTA」の特徴・機能のご紹介
– デモ
・運用事例のご紹介
・質疑応答
・個別相談会(希望者)

■定員
6名

■参加費
無料

■申込方法
下記申し込みフォームより、必要事項をご記入いただきお申込みください。
http://info.f-tra.com/lp.seminar170921

【ご報告】当社協賛のScala関西Summit2017に、当社エンジニア3名・顧問2名が登壇します。

2017年9月9日にScalaをテーマにした関西エリア最大級のカンファレンス『Scala関西Summit2017』が開催されます。
当社では、ゴールドスポンサーとして協賛し、当日のカンファレンスでは以前よりお知らせしていた当社エンジニアの松坂高嗣、垂水秀明が登壇、そして2017年9月1日付けでチーフアキテクトとして入社した中村学、顧問の水島宏太氏、麻植泰輔氏も登壇いたします。

ご興味のある方、是非、お申込みください!

カンファレンスのタイムテーブルやお申込みはこちらから

 

『Scala関西Summit2017』

■日時・場所
2017 年 9 月 9 日(土)10:30~18:30
天満研修センター(受付:3F)

■費用
無料

■申込
セミナー特設サイトhttp://summit.scala-kansai.org/よりお申し込みください。

 

【プレスリリース】チーフアーキテクトとして中村学が入社、顧問に水島宏太氏・麻植泰輔氏が就任。プログラミング言語Scalaを主軸とする開発組織体制を強化。

株式会社エフ・コード(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:工藤勉、以下エフ・コード)は、平成29年9月1日(金)付で、中村学(なかむらまなぶ)がチーフアーキテクトとして入社し、水島宏太(みずしまこうた)氏・麻植泰輔(おえたいすけ)氏が当社の顧問に就任したことを発表します。

▲(写真)上段:正面左から、顧問就任した水島氏、麻植氏
下段:正面左から商品担当取締役門田、チーフアーキテクトに就任した中村、CTO松坂

■就任の背景
エフ・コードは「マーケティングテクノロジーで世界を豊かに」をミッションに、「f-tra(エフトラ)」を始めとするデジタルマーケティングツールの開発、SaaS提供をしてきました。「f-tra」は、Webサイトに数行のコードを埋め込むだけで、Webサイト訪問者の接客や、Webサイトへの再訪促進ができるツールです。2013年2月の提供開始以降、ツールの提供のみならず、導入後ツールを活用する為の運用コンサルまで一貫してサポートするサービスが評価され、大手企業をはじめ様々な業界の企業に採用され、現在導入社数は500社に達しています。
現在、そこで得た顧客ニーズをもとに、「f-tra」に替わる新たな商品の開発を開始しております。新商品の開発をスピードアップすべく、Scalaを技術基盤とする開発組織を立ち上げていきます。そのための中心メンバーとして、中村及び、水島氏・麻植氏を招聘しました。
今回の中村の入社・チーフアーキテクト就任は、豊富なWebサービス開発経験と商品の品質向上に関する深い知見を活かし、よりスピーディーに高品質な新商品を開発・リリースし、同時に当社の開発組織をスケールさせていくことを目的としています。水島氏・麻植氏は、エフ・コードの顧問に就任し、開発組織の組織設計・採用・教育・プロセス改善においての助言・指導を行います。

各氏の略歴と従事業務内容
中村学(Twitter:@gakuzzzz)
大学在学中に高校時代の先輩が立ち上げたベンチャーに参画、同社の開発部部長を務め、自社サービスの構築・運用と平行し、多くのWebシステム開発運用に携わる。その後フリーランスとして様々なシステムインテグレーションプロジェクトにアーキテクトとして参画。システム開発のコンサルティングおよび技術教育等の支援実績多数。
エフ・コードではチーフアーキテクトとして、新商品「CODE Marketing Cloud」の開発を軸に開発組織のリードに従事。

水島宏太氏(Twitter:@kmizu)
日本Scalaユーザーズグループの立ち上げや勉強会開催など、初期の日本Scalaコミュニティの立ち上げや教育に関わる。また、業務で、新人研修用Scalaテキスト執筆や、それを使ったScalaによる新人研修に携わる。Japan Scala Association代表理事。
エフ・コードでは技術顧問として、エンジニアに対する技術教育に従事。

麻植泰輔氏(Twitter:@OE_uia)
ScalaMatsuri座長として、準備委員会の組織設計、プロセス改善、講演者やスポンサー誘致などに尽力。Scala教育及びScalaを使った製品開発を中心に業務で担ってきた。世界最大のScalaカンファレンスScala Days 2017講演者。
エフ・コードでは商品開発部顧問として、開発組織の組織設計・プロセス改善を支援。

【エフ・コードについて】
2006年3月設立、SaaS事業とコンサルティング事業を展開。創業時より展開するコンサルティング事業では、広告・コンテンツマーケティング・コンバージョン改善を中心に各業界大手企業のWebサイトの成果改善に寄与しています。SaaS事業ではコンサルティングの知見に基づいたマーケティングSaaS「f-tra(エフトラ)」を日本・タイ・香港・インドネシアの4拠点で提供。2013年2月の提供開始以降、年率平均192%で売上成長、現在国内500社超、海外30社超の導入実績があります。2016年より「マーケティングテクノロジーで世界を豊かに」を経営理念に、プロダクト開発とアジア展開に投資を強化。アジアから世界をリードするマーケティングテクノロジーカンパニーを目指しています。

【株式会社 エフ・コード】
所在地:東京都千代田区五番町6-2 ホーマットホライゾンビル5F
代表取締役:工藤 勉
設立:2006年3月
URL:https://f-code.co.jp/

<本リリース・サービスに関するお問い合わせ>
株式会社 エフ・コード 広報担当 清水 03-6272-8993  press@f-code.co.jp

【プレスリリース】CI(コーポレートアイデンティティ)変更のお知らせ

株式会社エフ・コード(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:工藤勉、以下エフ・コード)は、平成29年9月4日(月)より新しいCI(コーポレートアイデンティティ)を導入し、順次使用を開始することをお知らせします。

■新CI(コーポレートアイデンティティ)と、それに伴うコーポレートロゴおよびカラーの変更・コーポレートサイトリニューアルの背景
2006年に創業したエフ・コードは、インターネットにおける集客コンサルティング事業よりスタートしました。その知見に基づき開発した、デジタルマーケティングツール「f-tra(エフトラ)」は、2013年2月の提供開始以降、これまで年率平均192%で売上成長。既に名だたる大企業からベンチャー・中小企業まで、国内500社超の導入実績があります。
2016年には経営理念を「マーケティングテクノロジーで世界を豊かに」と改め、タイに法人を設立。既にアジアに3つの拠点を持ち、数十社のアジア企業に導入実績があります。今後も自社プロダクトの開発とアジアへの展開に投資し、アジアから世界をリードするマーケティングテクノロジーカンパニーを目指して、過去以上のペースでの成長を目指していきます。
このビジョンをより広く認知して貰うため、そして社員一丸となり目標へ向けて成長していくために、この度新たにCIを定め、コーポレートロゴおよびカラーの変更とコーポレートサイトのリニューアルを実施いたします。

■新コーポレートロゴ

■新コーポレートサイト
http://f-code.co.jp/

■新コーポレートロゴ・カラーに込めた思い
生産者(クライアント企業)と生活者(一般ユーザー)の心をつなげる仕組みでありたい、すなわちひとの心の「スイッチ」を押す存在でありたいという思いのもと、スイッチの形に「CODE」の「C」と「D」を組み合わせてデザインしました。
また、新たなコーポレートカラーを「RADICAL RED」としました。この色には、人のハート、喜び・暖かみを感じさせるといったイメージと同時に、 “BE RAD” というメッセージが込められています。「RADICAL(目的急進的)である」「大目的に対して本質的な課題に取り組む」「背伸びを厭わずチャレンジする」といった姿勢を保ち続けようという意志を表現しています。
生産者(クライアント企業)の「価値あるものを届けたい」という思いと、生活者(一般ユーザー)の「価値あるものを見つけ出したい」という思いを「つなぐ(COnnect)」こと。その結果として双方にとっての「喜び(DElight)」が生まれる世界。これがエフ・コードの考える「豊かな世界」であり、また「CODE」という単語に込めた思いでもあります。そのための仕組み自体を創り出すべく、エフ・コードは従来以上のさらなる成長を目指していきます。

【株式会社 エフ・コード】
所在地:東京都千代田区五番町6-2 ホーマットホライゾンビル5F
代表取締役:工藤 勉
設立:2006年3月
URL:http://f-code.co.jp/

<本リリース・サービスに関するお問い合わせ>
株式会社 エフ・コード 広報担当:清水 03-6272-8993  press@f-code.co.jp

【オンライン接客サービス漬けの4時間セミナー】のレポートが公開されました。

2017年8月23日ネットショップの壺に、弊社平井が登壇した【オンライン接客サービス漬けの4時間セミナー】のレポートが公開されました。

▼詳細は以下リンクからご覧下さい。
「【5社共催】売上・満足度UPの切り札!オンライン接客サービス漬けの4時間セミナー~EC-CUBE×ecコンシェル・f-tra CTA・ZenClerk・Chamo~」開催レポート