1dayインターンシップ 三浦さん偏①

こんにちは、小田アリサです。

先日、短期インターンで、大学3年生の「三浦さん」がエフ・コードに来て下さいました!
制作・広報・マーケの3つを1日ずつ計3日間体験していただきました。

1dayに来て下さった三浦さん

三浦さんの第一印象は「なんてイケメンなんだろう!」でした。(※女性です)
発言もはっきりしていて、臆さない。堂々としていて、かっこいい印象でした!

~1日目。【制作】~
さて、1日目は「制作」体験ということで、制作チームの多賀さんが担当しました。
制作の1Day課題は、「実際の制作案件に挑戦!」です。
具体的には【ワイヤーフレーム】を作成をやっていただきました。
“ワイヤーフレームとは、サイトの構造やコンテンツ配置を示した、いわば”サイトの設計図”。
お客さんと制作サイドの認識をすり合わせるための重要な資料です。

多賀さんと三浦さんの打ち合わせの様子です。
制作1dayインターン フィードバック風景1

実際の案件に携われたのはとてもいい経験になったのではないでしょうか。
制作1dayインターン フィードバック風景2

その日は、エフ・コード女子メンバーで、三浦さんを連れてご飯にいきました!
会社近くのもつ鍋店へ。。。
三浦さんは、忙しい日が多くちゃんとした食事が取れない日が多いようで、この日はたくさん野菜や、栄養のあるものを食べてもらいました。
特に、馬刺しと桜ユッケに気に入っていただけたようで、オカワリまでしちゃったねw

~2日目。【広報】~
三浦さんが一番やりたい、と仰っていた広報。
担当は門田さん。
課題は「広報の視点でインタビューしてそれを記事に落とす」です
具体的には、ウェブならでは/広報ならではのコンテンツライティング方法の共有、インタビュー記事の構成検討をしてもらう。
実際にインタビューを行い、2時間で文字に起こす。というハードスケジュール。

フィードバック会議には、わたくし小田も参加させていただきました!

まずは、インターン生Dさんへのインタビューの様子。。。

広報インターン インタビューの様子

後ほど三浦さんに広報のどこ好きか伺ったところ、インタビューが好きなんだそうで。
インタビューで相手の意外な一面を発見できたり、ギャップを引き出せるのが楽しいそうです。
なるほど、、、確かにDさんの意外なところがかなり引き出していただいたような気がします。

門田さんが出した指令は「1000~1500字にまとめるて、インターンしてみたい!って思う記事にする」です。

出来上がった記事を拝見すると。。。
さすが、2時間という限られた中でよくまとまっているなー!とおもいました。(三浦さんは新聞部所属です)

が、もちろん一発OKはいただけません。
ここには書きませんが、いくつかの修正箇所を指摘されていました。
三浦さんも一生懸命ノートにとって、「なるほど。確かに。」と指摘に対しても素直に聞いていました。
指摘されるってすごく幸せですよー。それだけ成長できるってことなので。

会議の様子を載せます。

広報インターン フィードバックの様子
三浦さん一生懸命メモしてます。

広報インターン フィードバックの様子

まだまだ三浦さんのインターン体験記はあるのですが、長くなりそうなので
三浦さんが書いたインタビュー記事と、3日目に行われたマーケ体験は次回ご紹介いたします。
それではまた!(*゚▽゚)ノ~

フクダ

Written By フクダ

2012年4月にエフコードへ新卒入社。管理部門を担当。エフコードの日常をお届けします。

コメントをどうぞ