【社員旅行】エフ・コードのメンバーが1泊2日で日光に行った話(後編)

image1

2016年4月入社予定の夏目です。

前編では1日目の様子をお伝えしました!

それではいよいよエフ・コード社員旅行の2日目に参りましょう!

まずは朝ごはんから!

am7時、朝ごはん

image2

…。

みんな顔死んでます。完全に昨日飲み過ぎましたようですね…。

というのも2次会後、各部屋で3次会が行われたようで、あんまり寝ていないという人もちらほら。

(かくいう僕もひどい二日酔でした。最後の金麦が余計だった…)

動きたくない。もう一泊したい。心の底からそう想いながら、泣く泣く10時にチェックアウトしました。

宿の前で記念撮影

image3

宿の前でパシャリ。お酒を飲み過ぎたせいか、若干顔がむくんでいる人がいるような気がしなくもないですが、概ね、みなさんいい顔しています

このままバスに乗り込み、次の目的地「鬼怒川温泉ロープウェイ」へゴー!

image4

バスの中。工藤さん眠そうですね。

鬼怒川温泉ロープウェイに到着!

image5

きました、鬼怒川温泉ロープウェイ

鬼怒川温泉山麓駅から丸山山頂までの標高差300mを約4分で昇るロープウェイ。眼下には鬼怒川の温泉街や渓谷が広がります。山頂展望台に上ると北に那須山系の鶏頂山、正面に筑波山が、そして天気がよければ遠く東京スカイツリーが見えることも。また山頂には数十匹の猿が元気に遊びまわっている「お猿の山」もあり、猿に餌をあげることもできます。

日光旅ナビ

日光といえばお猿さん。社員旅行1日目にも野生のお猿と何度か出会ってきましたが、ロープウェイを登った先には飽きるほど大量にお猿がいるとのこと!

ワクワクしますね

お猿の山を目前にして、前日の酔いをひきずっていたエフ・コードメンバーも徐々に元気を取り戻してきました。

image6

お猿に会える喜びから、笑顔がほころぶアルバイトの阪口さん。自然とロープウェイの中の空気が和みます。

一方でロープウェイの安全性に納得がいかない小木曽さんは、終始高さに恐怖していました。

10分ほどで頂上に着き、いよいよお猿とご対面!!

猿山のお猿

image7

うおお…。

猿…。

なんだか、お猿の雰囲気は思っていた感じと違いました。

お猿は獲物を狙うような眼差しで餌を見つめ、我々人間から無理やり餌をふんだくろうと隙を狙っています。そうかと思えば、お猿同士で餌を奪うためのポジション争いが勃発し、けたたましい雄叫びをあげながら檻の周りで乱闘を始めました。

もっと穏やかなお猿をイメージしていたのに。

猿って怖いですね…

image8

ようやく猿の喧騒が落ち着いてきたところで、つっちーさんが餌をあげていました。お猿が手を伸ばして取れるかどうかの 絶妙な距離に餌を設置しています。お猿が、もうちょっとで餌を取れる!というところで、ひょいっと餌を遠ざけるつっちーさん。

(バチ当たりますよ。そんなことしてたら。)

image9

はじめは猿の勢いに押されていましたが、後半は女子のみなさんも猿の餌やりを楽しんでいました

image10

よくみるとかわいい顔してますね

温泉神社へ

image11

猿山をひとしきり堪能したら、メンバー全員で温泉神社へお参りにいきました。

・商売繁昌
・家業隆繁
・交通安全
・無病息災

要するに、なんでも面倒見てくれる神様が祀られているそうです。これは期待!

image12

工藤代表が手をあわせるのに合わせ、メンバー全員でお祈りをしました

image13

温泉神社の御神体って、愛知県の豊川稲荷に勧請してるそうです!僕の祖父母の家が豊川にあって、毎年お参りしているのでなんだか親近感が湧きました。縁起がいい

下るロープウェイを待つ間のオフショット

image14

マーケティング部の窪田さん

(この旅行中僕が撮った写真の中で、これが一番のお気に入りです。もはや妖精。)

image15

エンジニアの田中さん。ユーモア抜群で気立てがよく、エフ・コード女性陣から非常に好かれています。

(羨ましい)

image16

image17

エフ・コード女子4人で記念撮影。顔出しパネルを介しても、なお可愛い。

負けじと、エフ・コード男性陣(取締役3人と古株のつっちーさん)も顔出しパネルに挑戦!

image18

日光霧降高原大笹牧場でジンギスカン

image19

ついにやってきました、日光霧降高原大笹牧場

ここでジンギスカンをお腹いっぱい食べられるという事前情報があり、二日酔いなどなんのその、胸を高鳴らせておりました!

image20

取締役荒井さん。「ジンギスカンが食べたい!」という熱い想いが表情から伝わってきます!

image21

乾杯の音頭を皮切りに、みなさん一斉にジンギスカンにがっつきます。
image22

いただきまーす

image23

image24

image25

いやー、ジンギスカンほんと美味しかった!柔らかくてジューシーなのに油っこくなくて、なんだかヘルシーな味わい。僕、豚や牛より羊派かもしれません。

(そういえば僕、羊年生まれですし。なにか関係がありそうです。)

昼間から地ビールも堪能し、至福の時を過ごしました。

…え?ああ、鬼殺しですか?
「ただの水」でしたね、あれは。完全に。(身内ネタ)

牧場探索!

image26

ジンギスカンを堪能した後は、牧場内を散策します。

image27

馬に餌をやったり

image28

泥だらけのヤギを撫でたりしました。

image29

動物と戯れるって、心が癒されますね

なんだか、明日からも仕事がんばれそう!

(僕の場合は卒業研究のラストスパート)

そんなことを話しながら、ふと脇をみたら…

image30

あっ…。

ジンギスカン…

思慮の深さを感じさせる顔つきに、一瞬言葉を失う僕ら。

なんというか、食べものを粗末にしたらいけないな、と思いました。

最後にみんなで記念撮影

image31

夕暮れ時、暖かい日差しに包まれる中、この旅最後の集合写真を撮り終えました。

(ああ、本当に楽しかったなぁ…)

「明日仕事あるなんて信じられない」

どこからともなくそんな声が聞こえた気がしました。

東京へ

image32

あとはバスに乗り、東京へ帰るだけです。

さすがにみなさんお疲れモード。

image33

多賀さんの美しすぎる寝顔

美しすぎて後ろの変顔のヤツ小木曽さんも気になりませんね。

多賀さんに限らず、バスに乗る誰もが明日に備え仮眠をとる中、

image34

この人だけは、最後まで日本酒を手放しませんでした。

(最後ラッパ飲みしてました)

乾杯(完敗)

オフィス前に到着!解散〜

以上!

長いようで短かったエフ・コードの社員旅行は、こうして無事完結しました。本当楽しかったなぁ…。改めて、エフ・コードに入社するのが楽しみになりました

1日目の記事の冒頭でも書きましたが、来年以降、結果で還元できるよう精一杯頑張ります!また、こんなに素敵な旅行を計画してくれた実行委員会のみなさま、本当にありがとうございました

そして、前編後編に渡り、記事を読んで下さったみなさま、ありがとうございました!

それでは、良いお年をお過ごし下さい。

alt="(窪田さん作)"

(窪田さん作)

こんな愉快なエフ・コードでは、一緒に働くメンバーを募集中!

僕も2016年4月から働く、エフ・コードでは、一緒に働くメンバーを募集しています!

・Webマーケッター
・コンテンツディレクター
・UX/UIデザイナー
・フロントエンドエンジニア
・Webエンジニア

興味がある方は、是非、採用ページをご覧ください!

ナツメ

Written By ナツメ

2016年4月からエフ・コードで働いているナツメです!

コメントをどうぞ