【登山部だより】四阿山登山

こんにちは。本日はエフ・コード登山部よりタガがお送りします。

エフ・コードには山登りが好きなメンバーが多く、登山部があります。
発足からはや5年。関東近郊の山を中心にこつこつマイペースに山行を重ねています。

先日登山部メンバーで四阿山(あずまやさん)に行ってきたので、その様子をお伝えしたいと思います。

※ちなみに前回の登山(八ヶ岳)については中村さんmayukoが記事にしてくれています~

四阿山について

四阿山は群馬県・長野県の県境にある標高2,354mの山。日本百名山にも選ばれています。

実はエフ・コードメンバーで四阿山に行くのは2回目。なんと記念すべき登山部発足の舞台でもある思い出深い山なのです。

前回の山行は5月。頂上付近にはまだ雪が残っていました

前回の山行は5月。頂上付近にはまだ雪が残っていました

晴天に恵まれました!

登山で重要なのは天候。ここ数年のエフ・コード登山部の山行は、ひたすら天気に恵まれず、過去3回こんな調子でした。

奥穂高岳(2013)、雨が強く、登頂諦める

奥穂高岳(2013)、雨が強く、登頂諦める

赤城山(2014)、曇り時々雨。景色が良い山のはずがガスが濃く何も見えず…

赤城山(2014)、曇り時々雨。景色が良いはずがガスが濃く何も見えず…

北横岳(2015)、積雪と強風で頂上では立っているのがやっと

北横岳(2015)、積雪で足下が悪く、頂上では強風で立っているのがやっと

ですが、今回は・・・

この通り、非の打ち所のない抜群の晴天!久しぶりに天候に恵まれることができました。

ちなみに右手にそびえたつのが四阿山で、左の山は「花の百名山」に数えられている「根子岳(ねこだけ)」(2,207m)です。

菅平牧場入口登山道-根子岳山頂

今回のルートは、お隣の根子岳からスタートし、四阿山山頂に向かって縦走(頂上と頂上を尾根伝いに横断すること)するルート。まずは根子岳山頂を目指します。

登山口からのながめ

登山口からの眺め。

山行スタート。登山口には牧場が広がっており、すでに気持ちいい雰囲気がありました。

また、花の百名山というだけあって多様な高山植物を楽しめるのも根子岳の魅力です。

途中で見つけた花。ほかにも色々な花がたくさん咲いていて楽しめました。

途中で見つけた花。ほかにも色々な花がたくさん咲いていて楽しめました。

幸先の良いスタートで、登山部メンバーもテンション上がりっぱなし。
道中はつねに景色が開けており、いつでも振り返れば絶景が楽しむことができました

まだ余裕の表情の土屋さん(左)・荒井さん(右)。

まだ余裕の表情の土屋さん(左)と荒井さん(右)。今回の参加メンバーは3人でした。

根子岳山頂-四阿山山頂

2時間ほどで根子岳山頂へ到着。山頂からは後立山連峰、そして北アルプスの槍・穂高の山々が連なった壮大な眺望を得る事ができます!

 山頂付近の景色はこんな感じ。奥に見えている山脈は、穂高・槍などの北アルプスの山々のようです。

山頂付近の景色はこんな感じ。奥に見えている山脈は、穂高・槍などの北アルプスの山々のようです。

少し休憩を挟んだ後、次は四阿山山頂に向けて出発。

奥に見えるのが四阿山。待ってろ山頂!

奥に見えるのが四阿山。待ってろ山頂!

爽快な笹の道をひたすら進んでいきます。
01045077f4e0b33b786043c5cddbbe343e4c6b997d
load

四阿山山頂-菅平牧場

2時間ほどで山頂到着!全体を通して眺望抜群でしたが、山頂からの眺めは格別でした。

山頂からの眺め

山頂からの眺め

頂上で記念写真を撮りました。

なぜか3人バラバラです。

なぜか3人バラバラです。

ここで昼食です。

ちなみに昼食はカップヌードル。山で食べるカップ麺は最高ですよね。

ちなみに昼食はカップヌードル。山で食べるカップ麺って最高ですよね。

頂上をすっかり満喫し、帰路へ。

エフ・コード登山部メンバーは下りが苦手です。
メンバー全員下りになった瞬間一気にテンションが下がり、ひたすら無言で降りていきます…。

下りの写真はこれしかありませ

下りの写真はこれしかありません

途中、メンバーの土屋さんに話しかけてみたのですが、完全に心を無にしていたようで何のリアクションも貰うことができませんでした。

これまた2時間ほどでしょうか。ただただ下り続け、ゴールである四阿山側の登山口に到着。

今回の終着点。

今回の終着点。

スタート地点へは牧場脇の道をしばらく歩くとかんたんに戻ることができます。ピストン(来た道を再び戻る)する必要がないのも四阿山縦走の魅力のひとつと言えるでしょう。

さっきまで縦走してきた2山を眺めながら、ゴールから駐車場のあるスタート地点へ戻る。

さっきまで縦走してきた2山を眺めながら、ゴールから駐車場のあるスタート地点へ戻る。

菅平牧場キャンプ場でチルアウト

登山後のお楽しみは、菅平牧場キャンプ場

今回はメンバーの知人の方々と登山をご一緒したのですが、彼らのお力添えもあり、非常に快適に過ごすことができました!

快適なアウトドアグッズに囲まれまったりチルアウト。

快適なアウトドアグッズに囲まれまったりチルアウト。

キャンプ場のお風呂に入り、日が落ちるまでまったりデイキャンプをエンジョイ。

キャンプ場のお風呂に入り、日が落ちるまでまったり過ごしでしまいました。

その後、車で都内へ戻り、山行終了です。

まとめ

根子岳~四阿山縦走ルートは登山道が整備されており歩きやすく、そしてなにより景色が本当に気持ち良い素晴らしい登山ルートでした。
難所もなくさほど辛くないので、初心者の方にもオススメできる山だと思います。
気になった方、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか!

さて、エフ・コード登山部は、年内にもう1~2回山に行く予定です。
また活動の様子をレポートしたいと思います。

エフ・コード登山部

Written By エフ・コード登山部

エフ・コード登山部のメンバーの誰かが書いています。おもに登山記録を紹介しています。

コメントをどうぞ